エステ脱毛と医療脱毛の違い

エステで行う脱毛はフラッシュ脱毛

エステで受けられるエステ脱毛と医療クリニックで受けられる医療脱毛は、実は大きく異なります。何も知らずにただ料金や、自宅からの距離などで決めてしまうと、自分の望んでいたように脱毛が進められない可能性もあるので、よく吟味することが肝心です。

 

まず脱毛サロンで行うのはフラッシュ脱毛と呼ばれる方法です。フラッシュ脱毛とは光のエネルギーを毛のメラニンに反応させて集め、毛根部分にあって毛を生やす元となる「毛母細胞」を破壊することで脱毛効果が得られます。ただし、脱毛サロンで扱える照射エネルギーの強さは、医療機関ではないので決して強くない為、一度の照射では毛母細胞への打撃とならない可能性があります。基本的に毛周期に合わせた施術が必要となります。人の体の毛周期は、それぞれの毛穴ごと、部位ごとに傾向も時期も異なる為、何度も施術をしてほぼすべての毛穴の毛母細胞を破壊するように施術を行います。

 

医療クリニックで行うのは医療レーザー脱毛

医療クリニックで取り扱うのは医療レーザー脱毛と呼ばれます。機械の光を当てるという点では、脱毛サロンでの方法と変わらないように見えますが、根本的な原理も異なりますし、何より医療クリニックのレーザーは脱毛サロンで取り扱うフラッシュ脱毛の機械よりもかなり高い威力を持っているので、より高確率で毛母細胞を破壊できます。その為、脱毛サロンのフラッシュ脱毛と同じく毛周期に合わせて施術を行う必要があるものの、少ない回数で脱毛完了できることが多く、およその平均的な回数は5〜6回とされています。

 

脱毛サロンのメリットは?

脱毛サロンで施術を受けることのメリットを大きく分けて2点で解説しましょう。まずメリットですが、脱毛サロンの場合は肌がデリケートな方でも施術できやすいという特徴がありメリットとなっています。脱毛サロンのフラッシュ脱毛は、脱毛効果という面では医療レーザー脱毛に劣りますが、照射出力の最大値が医療クリニックで取り扱うものよりも低いので、肌トラブルのリスクを避けやすいでしょう。2点目のメリットは、脱毛サロンではサービスで保湿ケアや肌ケアを受けられたり、美容目的で行われるサービスを一緒に受けられるメリットがあります。脱毛サロンでは脱毛メニュー以外の美容メニューを取り扱うこともあるので、脱毛に通いつつ無料で保湿ケアを受けられたり、お得なパッケージプランで美肌ケアなどを同時に受けることができたりします。

 

脱毛サロンのデメリットは

一方で脱毛サロンで施術を受けることのデメリットも2点でご紹介しましょう。デメリット1点目は勧誘が強い場合がある点です。美肌ケアなどのメニューを取り扱うこともあるので、脱毛だけに通いたいのに美肌ケアのパッケージプランを無理やり説明される場合があります。デメリット2点目は、脱毛完了まで長期間通わなければならないことです。脱毛サロンの施術はフラッシュ脱毛なので、完了までに平均的に2〜3年かかるとされています。この間に脱毛を諦めてしまって通わなくなったり、お金が思った以上にかかってしまって通えなくなる人もいます。

 

医療クリニックでの医療脱毛のメリットは?

医療クリニックで脱毛することのメリットを大きく分けて2点でご紹介しましょう。医療クリニックのレーザー脱毛を受けるメリットは、「脱毛効果が高く短期で終わらせられること」と「肌トラブル時の即時解決」です。医療レーザー脱毛の平均的な完了までの回数は5〜6回と少なめで、脱毛にかかる平均期間も約1年と短めです。短期間で脱毛を成功させられるのは大きなメリットですね。さらに、肌トラブルが万が一起こった場合でも、クリニックには医師や看護師がいるので、即時診察してもらえて対処が速いです。万が一の肌トラブルが怖い人にオススメです。

 

医療クリニックでの脱毛のデメリットは?

医療クリニックのデメリットは、以前は金額が高いことと言われていましたが、現在では脱毛金額が比較的リーズナブルになってきていて、回数によってはサロンよりも安くなることが多いようです。その為、高いイメージがあることと、脱毛できるクリニックの見つけにくさなどがデメリットと言えるでしょうが、自分に合ったクリニックが見つかれば特筆すべきデメリットはほとんどありません。

 

これらの違いをよく知った上で、自分に合ったほうの脱毛を選ぶことが肝心です。どちらの脱毛か選んだうえで、どこのクリニックまたはサロンで脱毛するかを考えましょう。