中高年医療脱毛クリニック

メリット1:医療機関なら雰囲気的に通いやすい

若い人が通うイメージの強い脱毛ですが、医療クリニックなら比較的中高年に属する年齢の女性も多く通っています。そこで今回は、実際に40〜60歳の年齢の女性が医療脱毛クリニックに通うメリットをご紹介しましょう。

 

40〜50代の女性が医療機関で脱毛するメリットの1つに、「通いやすさ」が挙げられます。脱毛をするということだけであれば、脱毛を行うエステサロンなどもありますが、40〜50代の女性には医療機関がオススメです。脱毛サロンなどでは確かに脱毛施術を受けられますが、比較的スタッフが若く、40〜50代の女性だとそのパワーに圧倒されてしまい、後からよく考えればいらない部位の脱毛も強く勧められ、つい契約してしまうような場合もあります。また、若い女性スタッフが多いと、聞きたいこともつい聞けなかったり、脱毛以外の美容メニューなどを勧められ、勧誘に戸惑うことなども多いようです。一方で医療機関であれば基本的にスタッフは看護師や医者です。若い女性が多いところもありますが、美容メニューなどの脱毛以外の勧誘などに戸惑う機会なども少なく、40〜50代女性であれば通いやすいと感じることが多いようです。

 

メリット2:短期間・少ない回数で終了できる

40〜50代女性は今となっては「美魔女」という言葉が流行っているように、とても元気で美しい特徴があります。その美しさや元気は単純に肌ケアなどで保たれるものではなく、アクティブに様々な活動を行うことで維持されています。つまり、子育てを終えた40〜50代と言えど、様々な活動に忙しく、脱毛に通う期間や回数も限られているということです。医療脱毛であれば、脱毛サロンで受けるフラッシュ脱毛よりも照射出力が強く、脱毛効果も高いとされていますし、通う平均回数も5〜6回、約1年と短期間です。日々様々なことをアクティブにこなす40〜50代の女性だからこそ、短期間で脱毛を終えられる医療クリニックで脱毛を受けるメリットがあるのです。

 

メリット3:医者も看護師もいるのでいざという時安心できる

40〜50代の女性が気になるのは脱毛効果だけでなく、自分の肌への万が一のトラブルのことでしょう。年齢を重ねると若いころと比べ「傷の治りが遅い」「一度病を抱えると一生付き合わなければならない」など、身をもって痛みを経験している人も多いです。また、その考えの通りで、年齢を重ねると脱毛による肌トラブルのリスクが多少は高まってしまうのも事実です。そういった肌トラブルが心配な人も、医療機関で脱毛なら安心できます。クリニックのレーザー脱毛は肌に合わせて出力を落とし、肌トラブルが起きないよう医者が対策を打ってくれます。さらに、万が一肌トラブルが起きた場合も、医師がすぐに診察してくれますし、看護師による応急処置なども適切です。脱毛による肌トラブルは、処置までの時間が勝負です。40〜50代であれば治りが遅いこともあり、トラブルに早期対策を打てず重篤化すれば、シミなどの痕が残る可能性も高いです。だからこそ、早期に診察や処置をしてもらえる医療機関での脱毛が40〜50代の女性にはオススメなのです。

 

メリット4:相談しやすいスタッフ環境

現在では多くの医療クリニックが、医師による契約前のカウンセリングを無料で受けられるようになっています。また、医師には聞きにくい料金的なことは、専門のスタッフが別途説明してくれたりするなどして、相談がとてもしやすくなっています。医師には自分の肌のことやムダ毛の特徴などを診察してもらい、脱毛施術について詳しく説明してもらったり、相談することができます、カウンセリング担当の人に対しては、料金的なことや今後のスケジュールなどについて具体的に話を聞くことができますし、悩みや肌トラブルに対しての不安などをしっかりとカウンセリングしてもらうことができます。中高年の女性でも気兼ねなく話せる雰囲気の医療機関が増えているのでこれも大きなメリットでしょう。

 

メリット5:昔はなかった高い技術力

最後に中高年の女性の場合、若いころに憧れた記憶もあるのではないでしょうか?昔の脱毛はニードル脱毛が主流で、高額で長期間必要だったため、なかなか一般家庭の女性が脱毛に通うことはできませんでした。しかし現在はスピーディに施術を受けられる高い技術があり、時間的にも費用的にも受けやすくなっています。脱毛の金額も明朗会計でわかりやすくなり、通いやすくなっているメリットがあります。